航空運賃   重いかデカイか

 貿易では物理的にモノ(商品)が動くので当然輸送の手間と費用がかかります。その費用が頭痛のタネとなります。そらぁ高いですから。

 

 飛行機の場合その航空貨物費はどう見積もるのか、どうやって決まるのか?それは貨物が「重いかデカイか」で決まります。でも大手商社マンでもよく理解してない人いるんですよ。

 

  段ボール箱を思い浮かべてください。そこに辞書をいっぱい積めたのとポケットティッシュを積めたのとを考えます。辞書を入れた方が重いですよね。辞書箱の航空貨物運賃はその重量をもとに計算されます。ティッシュをいれた箱は・・・箱の容積で計算されます。
 

つまり航空貨物の料金は貨物の実重量と容積とを比較して重い方の値で計算されます。容積から計算される重量を「容積重量」といいます。

 

 容積重量の計算は6,000立方cmが1Kgとされます。6,000立方cmというのは1辺が約18cmの立方体くらいです。お見舞いにもっていくメロンの箱ぐらいでしょうか。そのメロン箱の中にポケットティッシュが一個だけ入っていても貨物は「1kg」と計算されるワケです。
*Federal Express などの国際宅配サービスは基準が異なります

 

 先ほどの段ボール箱の寸法が60cm x 60cm x 60cm だとするとその容積は 216,000立方cm。容積重量は 216,000 ÷ 6,000 = 36kgs  その箱が空でも36kgの貨物とされます

  実重量と違って容積重量は梱包してからでないと計算できません。メーカーさんでも商品の梱包寸法はほとんど押さえていません(特に国内でしか商売していたいところは)。

ですので
・軽くてかさが張る商品(ウールなど)、
・緩衝材(プチプチ)が大量に要る商品、
・梱包するとやたら容積をくう商品(自転車など) などは要注意です。

 

航空貨物の話しですよ
航空貨物の話しですよ

 うちが某航空貨物会社ともめた事例を。ある繊維生地を輸出することになりました。特にモコモコでもない商品12反。重量約100kg。容積勝ちになることはないものでした。

 

 ところが輸出のための梱包をメーカーさんに依頼するの忘れてしまってフォワーダーさんの倉庫に12反がそのまま入ってしまいました。仕方ないのでフォワーダーさんにカートン(輸出用のダンボール箱)梱包を依頼しました。

下に見えるのがパレットです
下に見えるのがパレットです

 フォワーダーさんはモノを見て「パレットにしよう。梱包代も少し安いし」と判断してパレット梱包しました。パレットというのは貨物を積むためのスノコみたいなものでフォークリフトなどで貨物を動かしやすくなります。

 梱包結果を見てびっくり、容積重量が130kgを超えている!。実重量は計算通り100kg程度。カートン梱包してれば容積重量は100kg以下。30kgの超過。その分航空運賃がかかります。クレームつけましたよ、「何で勝手にパレット梱包したぁぁぁ!!!」。

 

 パレット梱包ではパレットに貨物を載せた状態で容積を計ります。パレットには”ゲタ”(高さ14~15cm程度)がありますのでそれを含めて容積が計算されます。ですのでこのようなことがおこりました。

 

  ついでに言いますと海上輸送でも重量勝ち/容積勝ちというのはありますがこれは 1,000kgs = 1立方メートル で考えます。飛行機よりずっと簡単です。