税関の何がコワイか? (事後調査について)

  税関の任務には関税の徴収というものがあります。ですからあんまりいい加減な態度で関わっていますと後でエライことになります。 

ここ大事です!
ここ大事です!

アンダーバリュー心あたりありません? 

貿易(特に輸入)をはじめて3年ほどすると税関から「御社にお伺いしたいのですが」と連絡がきます。事後調査といいます。関税納付も「申告形式」なので「正しく申告されていますか?」と調査にくるのです。税務署の税務調査みたいなものです。かなり綿密な調査です。アンダーバリューで輸入申告していたことなどすぐにわかってしまいます。

この事後調査、税理士でもよく知らない方が多いのです。税理士の業務範囲に関税は入っていません。ちょっと大げさですが輸入者は自分だけで税関に立ち向かわなければなりません。

けっこう細かいんですよ
けっこう細かいんですよ

○ルールを知らずに試合してません? 

事後調査は現実的には「関税の申告漏れがないか」を調べるものです。特に輸入をはじめて日の浅い方は要注意です。それはルールをよく知らないで輸入申告をしている可能性が高いからです。

 

 例えば、廉価~中価格帯の腕時計では「製造組み立て:中国、駆動部品(ムーブメント):日本製」とよくありますがこのムーブメントを中国に送った輸送費は輸入申告額に含めなければなりません。

 

  こんな具合に輸入申告のルールって実は細かくあるのです。が、これらを説明している貿易読本などはあまりみたことがありません。

こちらは神戸税関です
こちらは神戸税関です

○税関に喧嘩売っても… 

 申告漏れがたくさんあるとえらいことになります。「知らなかった」ですまないのです。追徴課税がまっています。輸入通関の時よりもこの時の税関のほうがずっとコワイです。ネット輸入ビジネスでこの輸入申告のルールを知らずにやってて税関から関税の追徴を課せられる事例が最近は多いそうです。

 ***************************************

事後調査について総合的にまとめた冊子をご用意しています。A4見開きで全39ページ、約14,000字です。会議資料みたいな体裁ですがこれ一冊で事後調査がどのように進むのか、注意したらいい点は何かなど大体の流れがつかめます。これに匹敵するのは本屋はおろかアマゾンにもありません。

*PDFでのご提供とさせていただきます。なにとぞご了承ください。 

 

一部 3,000円(送料、税込み)

国内の銀行振り込み手数料はこちらで負担します。

 

★ ご購入いただけました皆様にもれなく「意外と便利!関税・輸入消費税いっぱつ計算表」(エクセル)を差し上げます。

 

 

目次とあとがきを公開しております

是非下のPDFをご参照ください。詳しくはどうぞお問合せください

事後調査はこう進みます 目次とあとがき.pdf
PDFファイル 111.7 KB

***************************************

ご評価のお声を頂戴しております。ありがとうございます!

 

○「一気に読んでしまいました。わかりやすく、確かに私が持っている諸々の貿易本とは内容が違うように感じました。ありがとうございました」    北陸 H様 

 

〇「貴重な資料をありがとうございます」

北海道 S様  

 

○「大変興味深く読ませて頂きました」

愛知県 M様

 

「事後調査の書籍は見当たらず、通関士の方の実際の経験に基づく見識を拝見することができ、大変、勉強になりました」

東京都  I様

 

また、スカイプTV電話での相談も承っております。詳しくはどうぞこちらをご覧ください。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「相談してみたいけどアナタ大阪/関西だからねぇ…」とお思いの方に。

東京・首都圏を中心に活躍されている株式会社HASパートナーズ様をご紹介させていただきます!!。

 

特にドイツ・フランスを中心とした欧州ネットワークを有されてます。欧州だけではございません。東京・首都圏の皆さまの海外取引(輸出入事業)の拡大をサポートします。

 

詳しくは是非サイトをご覧ください。

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

 

*各税関庁舎の写真は税関のHPより拝借しています

 

貿易のお話しの先頭に戻ります

 

ホームページ